消化器内科(胃腸科)

消化管(食道・胃・大腸)疾患

 

 

おなかの症状は、むかつき・胃もたれ・腹痛・おなかの張り・おならがよく出る・下痢・血便など多種多様にわたります。多くは生活習慣の改善や薬で改善しますが、そうでない場合は検査が必要になります。

当院では主に内視鏡検査で原因を調べます。胃カメラ(空枠があれば食事を抜いて来ていただければ当日も可)、大腸カメラ(全大腸は予約の上で、部分的であれば当日も可)検査をします。人間ドックや会社の検診で異常を指摘されただけの方も来ていただいております。

 

内視鏡検査は悪い病気を見つけるためのものだけではありません。その後何年かの間「私は検査して異常がなかったのだから!」と安心するためのものと思っていただいていいと思います。

検査手技はもちろんですができるだけ苦痛を少なくするための薬なども使用して検査を楽に行えるように心がけています。

 

さらに治療が必要な場合は院長が過去に勤務した病院や信頼おける病院へ紹介いたします。(過去には 阪大病院、大阪医大病院、済生会茨木病院、済生会千里病院、市立吹田市民病院、高槻赤十字病院など)

 

一度ご相談ください。